厚生年金・国民年金制度のわかりやすい解説 難解な日本の年金制度をわかりやすく説明したWebサイトです!

基礎知識から裁定請求まで
こうせい・こくみんねんきんWeb
ブックマーク
このホームページでは、難しい日本の年金の仕組みを出来るだけ解りやすく解説していくことを心掛けております。
Last Up Date 2017.11.28
老後は楽しく豊かに過ごしましょう
このホームページでは、厚生年金・国民年金の基礎知識から、加入記録の確認、裁定請求の方法などを解説をしていきます。
老後の資金源となる大切な厚生年金・国民年金ですので、その仕組みをよく理解しておきしょう。
1人でも多くの方が1円でも多く受け取られることを願っています。

第1章これだけは知っておこう〜厚生年金の基礎知識編〜

厚生年金と国民年金の違いからその仕組みを解説、年金を受給するために必要な加入期間、受給開始年齢を解説しています。
厚生・共済・国民、基礎知識編
6、厚生年金・国民年金はいつからもらえる?
(生年月日が 男性:昭和28年4月1日 女性:昭和33年4月1日 以前)
(生年月日が 男性:昭和28年4月2日 女性:昭和33年4月2日 以後)

第2章受給漏れのないように〜厚生年金加入記録の確認〜

厚生年金や国民年金の加入記録がひとつの基礎年金番号にまとまっていればいいのですが、中には加入記録が複数に分かれていて厚生年金や国民年金の手帳をたくさん持っている方がいます。このような方が受給漏れにつながりやすいのです。
電話で問い合わせもできます。

第3章難しい手続きもこれで安心

4、裁定請求書の書き方
(国民年金・厚生年金保険老齢給付)
難しい提出書類の 書き方を解説

第4章受給額を増やす、得する情報・裏技

お得な情報
kokumin
nenkin02
nenkin02
海外にお住まいの方
加入記録の調査、裁定請求代行承ります。 お気軽にどうぞ。
日本国籍を持つ方が海外で居住していた期間は、25年必要な受給資格期間に加算されます。
日本の年金を受け取れるのに、それを知らずに請求されていない方がたくさんいらっしゃいます。 該当する可能性があると思われる方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

海外 年金

フランス年金

under01
無年金対策実施 2017年9月分から(2016.08.31)
公的年金の受給に必要な加入期間を現行の25年から10年に短くする無年金者対策について、政府は来年9月に始める方針を決めました。対象者は約64万人。予算は年度ベースで約650億円を見込む。関連法案を秋の臨時国会に提出します。
加入期間は保険料の支払期間で、免除された期間も含みます。この期間が通算10年以上なら、2017年10月に9月分、それ以降は偶数月に2カ月分が一括支給されます。厚生労働省によりますと、65歳以上で年金をもらえていない約40万人が新たに受給できるようになります。60代前半で特例的に厚生年金を受け取れるようになる人らも約24万人が受給対象になります。
この無年金者対策は消費税率を10%に引き上げると同時に実施する計画だでしたが、政府は8月にまとめた経済対策案に盛り込み、増税延期にもかかわらず2017年度中の実施を決めました。厚労省は17年秋からの支給を求めていましたが、支出を抑えたい財務省が18年2月からの支給を主張し、調整が続いていました。
厚生年金保険の資格取得時の本人確認事務が変更となりました。
日本年金機構では、公的年金にかかるサービスの向上と本人確認の徹底のため、基礎年金番号と住民票コードとの「結び付け」を進めております。
厚生年金の資格取得時において、被保険者資格取得届には住民票上の住所を記載してください。そうでない場合は、年金事務所から事業主宛に住民票上の住所等の照会をしますので、資格取得手続きが遅れたり、厚生年金に加入できないケースもあります。
厚生年金・国民年金、3.2兆円赤字 15年度、GPIF運用損影響
厚生労働省は、サラリーマン等が加入する厚生年金と自営業者らが加入する国民年金の2015年度決算(時価ベース)を公表しました。あわせると3兆2458億円の赤字。赤字は5年ぶりで、過去3番目の規模。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による5兆3千億円の運用損が影響しました。
厚労省傘下のGPIFは、2014年10月から、上限60%(上下8%)だった国内債券の運用を35%(上下10%)へと大幅に減らし、6割以上をリスク資産で運用できるようにしました。その結果、長期ではプラスになっているものの、単年度では5兆3000億円の大損になっています。
平成27年10月から共済年金と厚生年金が一本化されました。
これまで、公的年金の2階部分は、会社員が加入する「厚生年金」と、国家公務員、地方公務員、私立学校の教職員が加入する共済年金の2つに分かれていました。共済年金と厚生年金には制度の格差が存在し、「官民格差」として批判がありました。この「格差」を解消すべく平成27年10月から国家公務員、地方公務員、私立学校の教職員も厚生年金に加入することとし、2階部分は「厚生年金」に一本化されることになります。共済年金と厚生年金の制度間の差異については、原則として厚生年金に統一することにより解消するとされています。
「統一」「一本化」と聞くと、公務員もサラリーマン同様に基礎年金+厚生年金の2階建てになるのかと思いますが、公務員だけには「年金払い退職給付」という新しい制度ができるので、実質的には3階建てになります。
コラム マイナンバー制度が始まります! 厚生年金・国民年金にはどのような影響があるのか?
本年より、いよいよマイナンバー制度が始まりました。住民票を有する全ての人に、一人ひとつのマイナンバー(個人番号)が通知されました。厚生年金や国民年金にはどのような影響があるのでしょうか。マイナンバー制度の利点は、行政機関や地方公共団体などでは、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減される一方、国民の皆様にとりましては、行政手続の際の添付書類が省略されるなど、面倒な手続きが簡素化されます。 また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ることができるようになります。 厚生年金や国民年金の裁定請求(請求手続き)の際にも年金事務所にマイナンバーを提示することになります。
また、これまで厚生年金に加入しなければならないのに加入していなかった厚生年金未加入事業所に対しては、厚生労働省では加入への指導を強化していくという方針を示しています。

2007年6月に表面化しました宙に浮いた記録が5000万件もあるという記録漏れ問題。このホームページは問題解決のため少しでも皆様のお役に立てればと思い立ち上げました。一人でも多くの方の記録漏れを無くし、確実な受給に結びつけていただければ幸いです。
記録漏れ問題とは、第1次安倍内閣当時の2007年当時、国会の社会保険庁改革関連法案の審議中に社会保険庁のオンライン化したデータ(コンピュータ入力した年金記録)にミスや不備が多いこと等が明らかになり、国会やマスコミにおいて社会保険庁の年金記録のずさんな管理が指摘され、国民から強い批判を受けました。第21回参議院議員通常選挙で与野党の逆転を招いた原因の一つとなりました。第45回衆議院議員総選挙で政権交代した後、民主党政権の鳩山由紀夫首相は、問題解決への国民の期待が政権交代の原動力になったと述べています。2007年秋頃から厚生年金基金においても類似の記録問題が明らかとなっています。
コラム 厚生年金基金解散へ加速
2013年6月19日、厚生年金基金制度の見直しを柱とした改正法(「公的年金制度の健全性及び信頼性確保のための厚生年金保険法の一部を改正する法律」)が可決成立し、同年6月26日付で改正厚生年金保険法が公布され、2014年4月1日より施行されました。
これにより、1966年にスタートした企業年金制度のひとつである「厚生年金基金」が、一部の財政的に健全な基金を除き、実質廃止に向かって動き出したため、440万人の老後生活資金に影響を与えることが懸念されています。
少子高齢化により、厚生年金自体の収入と給付のバランスが崩れてきているところですが、バブル経済が崩壊後の長期にわたる金利水準の低下で厚生年金基金の運用環境は悪化の一途をたどった上、追い討ちを掛けるようにリーマンショックによる世界的金融危機により多くの厚生年金基金が多大な損失を受けました。 さらに2012年、運用難に苦しんでいる厚生年金基金を手玉に取った巨額詐欺事件も起き、厚生年金基金制度は一気に廃止の方向に動き出すことになりました。
Copyright 2008-2016  厚生年金・国民年金 Web All Rights Reserved.無断転載禁止