自分の年金記録は大丈夫か!? 過去の加入記録の確認方法を解説。
厚生・国民Web TOPページへ

〜 被保険者証、年金手帳、基礎年金番号通知書 〜

ほけんしゃしょう
● 厚生年金保険被保険者証
昭和30年頃から昭和49年頃の間に厚生年金の被保険者になった人に発行されているのがこのカードです。社保庁のシステムがコンピュータ化されておらず、手書きで記録管理をしていた時代のものです。古いものなので無くされている方も多いようですが、もしお手元にあるようでしたら、他の書類と一緒に大切に保管しておいてください。
● 赤い色の手帳
昭和49年から平成8年の間に被保険者になった人に発行されているのが赤い色の手帳です。この頃はまだ国民年金と厚生年金とで別々の番号を使っていて、ひとりの人に複数の番号がある事が原因で長い間混乱が続いていました。平成9年に「ひとり一番号」になる様に制度改革されました。赤い手帳を持っている人には、平成8年の暮れに下記の「基礎年金番号通知書」というカードが郵送されています。
● 青い色の手帳
平成9年以降に新たに被保険者になった人に発行されているのが青い色の手帳です。平成9年に「ひとり一番号」になる様に制度改革されました。その時につけられたのが統一の「基礎年金番号」です。新制度になってからの手帳は青色をしています。(青色の手帳に書かれているのは、必ず「基礎年金番号」です)
● 基礎年金番号通知書
平成8年の暮れに「基礎年金番号通知書」なるカードが郵送されました。赤い色の手帳の方でも、この通知書があれば「基礎番号」わかる様に発行されました。ただ、この通知書を失くしてしまっている人が非常に多いようです。幸いにもこのカードを見つける事が出来た人は、失くしてしまわないために、年金手帳に糊やホッチキスでとめておくといいでしょう。



TOPページ 【厚生年金・国民年金web】 へ戻る
Copyright 2008 Kousei-Nenkin Kokumin-Nenkin Web All Rights Reserved.無断転載禁止