受給漏れは許さない! 1人でも多くの方が1円でも多く受給するためのWebサイトです。
厚生・国民Web 厚生年金・国民年金Web
〜 公的年金の種類をおさらいしておこう 〜
公的年金は国が加入を義務づけている年金制度です。 老齢、障害、または死亡によって国民生活の安定が損なわれることを防止する目的で運営されています。 なかでも老齢年金は老後の所得保障の柱として、老後の生活を支える役割を担っています。
公的年金制度は大きく分けて、国民年金・厚生年金・共済年金の3種類になります。基本的に職業により加入する制度が異なります。
制度は3種類
1、国民年金
日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入する制度で、「基礎年金」とも呼ばれています。基礎年金はあらゆる人に共通の年金です。
2、厚生年金
会社員やOLなど、民間の会社で働いている人が加入している制度です。
3、共済組合(年金)
国家公務員、地方公務員、私立学校教職員の方たちが加入する制度です。
ワンポイント
厚生年金・共済組合加入者も、国民年金に加入している?
サラリーマンやOLの方たちは厚生年金、公務員の方たちは共済組合(年金)に加入していますが、毎月給与から天引される保険料の一部は、自動的に国民年金へ拠出されています。ですので厚生年金・共済組合加入者は、手続きをしなくても国民年金に自動的に加入していることにになります。 次のページで詳しく説明しますが、会社員・公務員の方は「第2号被保険者」と呼ばれます。



TOPページ 【厚生年金・国民年金web】 へ戻る

番外編コラム・・・アメリカの年金を請求できるってご存知ですか?
過去にアメリカで暮らしていてソーシャルセキュリティ制度に加入していた経験のある方はアメリカの年金を請求できる可能性があります。アメリカでの年金加入期間がわずかでも、日本の年金制度の加入期間と合算して10年以上あれば、アメリカの年金を受給できます。 詳しくはこちら「アメリカの年金・日本の年金」をご覧ください。
Copyright 2008 Kousei-Nenkin Kokumin-Nenkin Web All Rights Reserved.無断転載禁止