受給漏れは許さない! 1人でも多くの方が1円でも多く受給するためのWebサイトです。
厚生・国民Web 厚生年金・国民年金Web

〜 25年以上加入していなくても年金がもらえる特例 〜

老齢年金を受給するには「国民年金の加入期間が25年以上必要」であることは前ページにも述べましたが、年金制度は過去に何度も法律が変わり、制度が急激に変わるのを防ぐために、「25年に満たなくても老齢年金を受給できる特例」があります。
被用者年金制度の期間の特例
生年月日に応じて加入期間を20年〜25年に短縮する特例。
生年月日
加入期間
昭和27年4月1日以前
20年
昭和27年4月2日〜
昭和28年4月1日
21年
昭和28年4月2日〜
昭和29年4月1日
22年
昭和29年4月2日〜
昭和30年4月1日
23年
昭和30年4月2日〜
昭和31年4月1日
24年
現在の2階建ての年金制度が出来る昭和61年4月1日以前は、被用者年金(厚生年金、共済年金、船員年金)に20年加入すれば、年金をもらえました。改正後に一挙に25年にするわけにはいかなかったので、段階的に20年から24年の加入期間があれば受給できる特例がつくられました。
厚生年金の中高齢者の特例
男性40歳、女性は35歳以降、加入期間が15年〜20年あれば、受給資格期間を満たす特例。
生年月日
加入期間
昭和22年4月1日以前
15年
昭和22年4月2日〜
昭和23年4月1日
16年
昭和23年4月2日〜
昭和24年4月1日
17年
昭和24年4月2日〜
昭和25年4月1日
18年
昭和25年4月2日〜
昭和26年4月1日
19年
同じく、現在の2階建て制度になる前の旧厚生年金は、男性40歳、女性35歳以降の加入期間が15年あれば老齢年金をもらえるという特例がありました。現在の制度もこの特例を一部引き継ぐ形で、段階的に15年から19年の加入期間があれば受給できる特例がつくられました。



TOPページ 【厚生年金・国民年金web】 へ戻る

番外編コラム・・・海外に在住していても日本の年金は受給できる
グローバル化の時代、外国へ移住されるケースが増えてきていますが、日本で厚生年金や国民年金に加入していた方は、外国に住んでいても受給資格さえ満たせば日本の年金は受給できます。 詳しくはこちら「海外在住者のための年金手続」をご覧ください。
Copyright 2008 Kousei-Nenkin Kokumin-Nenkin Web All Rights Reserved.無断転載禁止