受給漏れは許さない! 1人でも多くの方が1円でも多く受給するためのWebサイトです。
こうせいねんきん、こくみんねんきんWeb 厚生年金・国民年金Web

〜 厚生年金保険料額表 〜

厚生年金の保険料は、勤めている会社の事業主が給料やボーナスなどから天引きし、事業主が負担する分と合わせて年金事務所等に納めています。
保険料は、厚生年金に加入している従業員と事業主がそれぞれ半額ずつ負担します。
現在の料率は、17.120%(平成25年9月適用)です。
一般被保険者の方(厚生年金基金に加入する方を除く)
平成25年9月適用
標準報酬
報酬月額
厚生年金保険料
等級
月額
日額
全額
折半額
98,000
1,930
     〜 101,000
16,777.60
8,388.80
104,000
3,470
101,000 〜 107,000
17,804.80
8,902.40
110,000
3,670
107,000 〜 114,000
18,832.00
9,416.00
118,000
3,930
114,000 〜 122,000
20,201.60
10,100.80
126,000
4,200
122,000 〜 130,000
21,571.20
10,785.60
134,000
4,470
130,000 〜 138,000
22,940.80
11,470.40
142,000
4,730
138,000 〜 146,000
24,310.40
12,155.20
150,000
5,000
146,000 〜 155,000
25,680.00
12,840.00
160,000
5,330
155,000 〜 165,000
27,392.00
13,696.00
10
170,000
5,670
165,000 〜 175,000
29,104.00
14,552.00
11
180,000
6,000
175,000 〜 185,000
30,816.00
15,408.00
12
190,000
6,330
185,000 〜 195,000
32,528.00
16,264.00
13
200,000
6,670
195,000 〜 210,000
34,240.00
17,120.00
14
220,000
7,330
210,000 〜 230,000
37,664.00
18,832.00
15
240,000
8,000
230,000 〜 250,000
41,088.00
20,544.00
16
260,000
8,670
250,000 〜 270,000
44,512.00
22,256.00
17
280,000
9,330
270,000 〜 290,000
47,936.00
23,968.00
18
300,000
10,000
290,000 〜 310,000
51,360.00
25,680.00
19
320,000
10,670
310,000 〜 330,000
54,784.00
27,392.00
20
340,000
11,330
330,000 〜 350,000
58,204.00
29,104.00
21
360,000
12,000
350,000 〜 370,000
61,632.00
30,816.00
22
380,000
12,670
370,000 〜 395,000
65,056.00
32,528.00
23
410,000
13,670
395,000 〜 425,000
70,192.00
35,096.00
24
440,000
14,670
425,000 〜 455,000
75,328.00
37,664.00
25
470,000
15,670
455,000 〜 485,000
80,464.00
40,232.00
26
500,000
16,670
485,000 〜 515,000
85,600.00
42,800.00
27
530,000
17,670
515,000 〜 545,000
90,736.00
45,368.00
28
560,000
18,670
545,000 〜 575,000
95,872.00
47,936.00
29
590,000
19,670
575,000 〜 605,000
101,008.00
50,504.00
30
620,000
20,670
605,000 〜     
106,144.00
53,072.00
厚生年金基金に加入する方の保険料率は、一般の被保険者の方の本来の保険料率である「17.120%」から免除率(2.4%〜5.0%)を控除した率となり、加入する基金ごとに異なります。免除保険料率については加入する厚生年金基金にお問い合せください。



TOPページ 【厚生年金・国民年金web】 へ戻る

過去にアメリカで暮らしていてソーシャルセキュリティ制度に加入していた経験のある方はアメリカの年金を請求できる可能性があります。アメリカでの年金加入期間がわずかでも、日本の年金制度の加入期間と合算して10年以上あれば、アメリカの年金を受給できます。 詳しくはこちら「アメリカの年金・日本の年金」をご覧ください。
Copyright 2008 Kousei-Nenkin Kokumin-Nenkin Web All Rights Reserved.無断転載禁止