公的な年金だけでは将来が不安!? 民間の金融商品でで終身の受取額を増やす。
厚生・国民Web TOPページへ

個人年金で終身受取額を増やす。

国民、厚生年金などの「公的年金」に対し、民間の生命保険会社や損害保険会社が販売している年金タイプの金融商品を、一般的に「個人年金」と呼んでいます。
個人年金は、若い内から毎月少しずつでも積み立てておいて、60歳または65歳から終身で受け取るのが理想ですが、最近ではいわゆる「団塊の世代」の方々の退職金を対象とした、一時払いの金融商品も充実してきているようです。
老後を迎える方たちにとって、公的年金が少ないと将来に不安をかかえることになります。自分が後何年生きられるかがわかっていたら、今あるお金を割り振ることもできますが、長生きすればするほど生活苦になるようでは、老後の生活を楽しむどころではありません。
公的年金だけでは将来が不安という方は多いと思いますが、終身で受け取れる年金を少しでも増やしておくことで、将来の漠然とした不安の解消に役立てたいところです。
個人年金を選ぶときの主なポイントは!?
個人年金といっても様々な商品があります。比較検討するときは、以下の点に注意して下さい。
その1、受取が「終身」かどうか?
年金を受け取る期間が「5年」、「10年」といったタイプもありますが、健康に自信があるのであれば「終身」で受け取れるタイプがおすすめ。長生きすればするほど得になります。
その2、掛け金(元本)は保証されているか?
年金というと、長生きできなければ損になるのではないかという不安もあると思います。最近の個人年金では、そのほとんどが「保証期間」というものを設けて、掛け捨てにならないよう工夫されていますが、受け取る金額が払い込んだ保険料を下回ることがないかどうか、よく確認しておく必要があります。
その3、金利は変動か固定か?
個人年金にも固定金利の商品と変動金利の商品があります。リスクを避けるなら固定金利ですが、金利上昇局面といわれている現在では、変動金利も魅力的ともいえます。
最近では、海外の高金利の通貨に換えて高利回りの運用を行う「外貨建て個人年金」も人気があるようです。しかし外貨建てになりますと、その分リスクも大きくなりますので、他の金融商品と組み合わせるなど、分散投資するなどしてリスクを最小限に抑えることも念頭においてください。
【PR】個人年金の一括資料請求はこちら → 年金保険比較の保険市場



TOPページ 【厚生年金・国民年金web】 へ戻る
Copyright 2008 Kousei-Nenkin Kokumin-Nenkin Web All Rights Reserved.無断転載禁止