老齢年金裁定請求書の書き方(配偶者・子について)を解説しています。
厚生・国民Web 厚生年金・国民年金Web

裁定請求書の書き方 〜 10ページ目、配偶者・子について記入

10ページ目では、配偶者や子について記入します。配偶者や子供がいる場合、加給年金の対象となる場合がありますので忘れずに記入してください。
配偶者とは、夫または妻のことをいいます。また、婚姻の届け出はしていなくても、事実上請求者と婚姻関係と同様の事情にある方を含みます。
子とは、18歳未満の子(18歳の誕生日前日以後の最初の3月31日までの間にある子・高校3年生以下の子と考えるとわかりやすい)、または20歳未満の子で厚生年金法施行令に定める障害等級1級もしくは2級の障害の状態にある20歳未満の子をいいます。



前のページ 次のページ
TOPページ 【厚生年金・国民年金web】 へ戻る
Copyright 2008 Kousei-Nenkin Kokumin-Nenkin Web All Rights Reserved.無断転載禁止